留学をお考えの方へ |出願する方へ | 教育機関・企業の方へ
HOME > 大学の紹介 > 留学体験談一覧 > ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第7回 assignmentの成績

大学の紹介
ヨーク大学の魅力・特徴
ヨーク大学の概要
学生生活
留学体験談
出願窓口

コース紹介

入学方法

イベント情報

出願窓口

FAQ
留学体験談
お問い合わせ

留学体験談

ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第7回 assignmentの成績

中村 祐子さん中村 祐子さん
英語教授法 MA in TESOL/2010年10月〜2011年9月
beoの留学サポートを利用してヨーク大学へ留学。起源をローマ時代にさかのぼる歴史都市ヨークにあるヨーク大学は、研究評価、教育評価ともに最高レベルの評価を受けるイギリストップクラスの大学。同大学で英語教授法(TESOL)を学ばれている中村さんの現地レポートをお届けします。


なんやかんやで今ターム、week7に入りました。今月は旧正月をいろんなところで祝い、私の中でアジアンフードがブームで食べまくったり、誕生日を迎えたり、こっそり踊ってみたり、ばたばたしておりました。そしてなんとなんと、今日、私を悩ませたアサインメントの成績が出ました!

assignmentの成績

成績表には、点数と採点者たち(授業のtutorによるfirst mark、別の人によるsecond markのダブルチェック。)のサイン、そして記述によるフィードバックが含まれています。

成績の区分は
70以上  Distinction
60-69   Merit
50-59   Satisfactory
49以下は不合格です。

で、私はMeritでした。
アサインメントにとりかかっている間は正しい方向性のもとに自分が苦しんでいるのかどうかがいちばん気になっていたので、まずは合格をもらえたことで、基本的な方向性はあってたのかなぁと確認できました。

フィードバックにはwell doneのお言葉。Mid-term assignmentで痛い目に合っていた私にとっては、
いつも以上にうれしい言葉でした。もちろん、周りにはdistinctionの人もいます。65なんて普通なのですが、とりあえずほっとしたのが正直なところです。

フィードバックシートには、今後の改善点として
・新しい情報をもっと取り入れて議論を深めること(文献が比較的古いということか?)
・用語の説明不足。(どこまでが専門用語かどうかの見極めが難しいです。)
・本論との関連付けが弱い議論が見られる。(関連付けをもっとしっかりするか、関連付けられないなら取り上げるべからず、ということかと思われます。)

今週supervisorとミーティングが30分設定されているので、フィードバックについての疑問点をそこで解決してきます。そろそろ次のアサインメントのタイトルも発表されて、もやもやし始めていたところだったのですが、今日のことを受けて、しんどいけどとにかく前に進むしかないという気になりました。

さらに、約3週間後には、dissertationアウトラインを提出があり、今週のミーティングでもざっくり話をすることになっています。

今までの授業を変えるヒントを見つけたいなーっというのが根底にあり、興味関心は、カリキュラム、シラバス、教材のあり方っていう広い枠から文法指導、ネイティブスピーカーとの授業のあり方、授業における日本語と英語の使用バランスっていう狭い枠のところまでいろいろあります。TESOLの枠の中でできることなのか、リサーチするなら、復職していちばん役に立つことを扱いたい、文献の入手はどうしよう(テーマによっては日本語の文献ばかりになるかもしれないけどそれは避けたい。)とか、いろーんなことを総合的に考えないといけないのでてばたばたしています。私のちっちゃいの心臓と脳みそがまた悲鳴を上げる気配(笑)

あー、しかしpassして良かった・・・

旧正月

旧正月を韓国人の友だちの指導のもと、めでたい食べ物(らしい)餃子を作ってお祝い。餃子の具にお豆腐入れるわ、包み方も違うわ、焼き餃子はなくてスープ餃子と、いろいろ違いがあって面白かったです。日本の家で餃子をたまに作っていたので、私も自分のやり方(餃子の王将で見かける、なんてことないあの形です。)で餃子を包んでいたら素晴らしいテクニックだ!と中国の友人に驚かれました。餃子は中国のものだと思うので奇妙な感じでした。

韓国風の包み方
韓国風の包み方

ひたすら餃子を食べる
ひたすら餃子を食べる

ヨーク大学の名物?

ほんとにうちの大学は鳥が多くて、学生証にもなぜか鳥が載っているほど!どうぶつ苦手な私、悔しけど慣れました・・・

snakamaya_Feb11-3.jpg
なんて行儀のいいやつら!

寒いなら家に帰ったら?
寒いなら家に帰ったら?

ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第1回 渡航前インタビュー
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第2回 留学生活スタート!
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第3回 Term1スタート!
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第4回 授業で求められる力
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第5回 First Semesterの課題提出
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第6回 Second Semester
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第7回 assignmentの成績
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第8回 Spring termを振り返って(1)
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第9回 Spring termを振り返って(2)
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第10回 明けても暮れてもDissertation
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第11回 Dissertation の進捗状況
ヨーク大学で英語教授法(TESOL)を学ぶ 第12回 -最終回- Dissertationあれこれと、この1年




サイトマップ | 出願窓口 | 個人情報の取り扱いについて | このサイトについて | 資料請求/お問合せ
© beo 2008. All Right Reserved.